FC2ブログ

桜島 廃屋再生日記

超ど素人が日曜大工で廃屋を再生できるのか?

あめ、ときどき、くもり!

▽すみれじい、いつものように午前中に仕事を終わらせ、午後3時に桜島へ到着。

棟梁 永里 安則 御大は、弟の永里 正則 さんと二人で作業。

CIMG2184_convert_20120630225442.jpg CIMG2176_convert_20120630225253.jpg

▽『ドッグラン』

家の裏側、お茶の木を剪定して、溶岩を積んでいく。

CIMG2178_convert_20120630225330.jpg CIMG2189_convert_20120630225601.jpg

▽『巨木の上がり框(かまち)』

これは、永里 御大のアイデア。

上り口に、倒木を置いて、チェーンソーで平らにならして、切れ込みを入れていく。

「この切れ込みが大事!。」

「滑り止めになるんですわ。」

ちなみに、家に上がる台のことを『上がり框(かまち)』と言うらしい。

「姫路の水道屋さん」に教えてもらいました!。

CIMG2180_convert_20120630225355.jpg CIMG2182_convert_20120630225418.jpg

▽『桜島の椿油』

永里 御大、どこから持ってきたのか、『桜島の椿油』で、玄関横の『袖垣』の艶だし。

そういえば、すみれじい愛用の尺八にも椿油を塗ってたっけ・・・。

「竹には『桜島の椿油』がええんよ!。」

CIMG2185_convert_20120630225507.jpg

▽『桜島産きゅうり』

ご近所の中村さんご夫妻から、きゅうりの差し入れ。

CIMG2201_convert_20120630225726.jpg

御大、大喜び!。

CIMG2204_convert_20120630225753.jpg CIMG2206_convert_20120630225820.jpg

▽お昼は、『から揚げ定食』。

70歳&65歳。

仲がいいなぁ~。

CIMG2193_convert_20120630225628.jpg CIMG2197_convert_20120630225656.jpg

▽すみれじい、4シーン!。

CIMG2209_convert_20120630225845.jpg CIMG2213_convert_20120630225913.jpg

CIMG2218_convert_20120630225937.jpg CIMG2219_convert_20120630230002.jpg

▽あめ、ときどき、くもり!。

さつまいもの苗も根付きました。

今日は、こんな感じで・・・。

クレモンティーヌのボサノバをBGMに、スローな一日でした。

CIMG2220_convert_20120630230028.jpg CIMG2234_convert_20120630230055.jpg





  1. 2012/06/30(土) 23:26:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

すみれじいの誕生日 ~ 「ありがとうございます」

▽午前中、仕事を終わらせ、午後3時、桜島着。

しっとりとした雨。

棟梁 永里 安則 御大、本日は、弟、永里 正則さんと兄弟二人で作業。

庭先に、いつの間にか、桜の木が3本。

永里 御大、桜について、うんちくの講義スタート。

CIMG2136_convert_20120623181433.jpg CIMG2138_convert_20120623181507.jpg

CIMG2150_convert_20120623181539.jpg CIMG2151_convert_20120623181605.jpg

▽桜島レストハウスにて、昼ごはん。

3人で、天ぷらそばをいただく。

CIMG2153_convert_20120623182044.jpg CIMG2156_convert_20120623182109.jpg

▽今日は、すみれじいの誕生日。

永里 御大からは、先日の『袖垣』。

CIMG2162_convert_20120623181750.jpg

そして、桜の木3本。

1本は、志布志から持ってきたもの。

あと2本は、永里 正則さんの住む、都城から持ってきたもの。

CIMG2163_convert_20120623181820.jpg

石垣の周りに、サツマイモの苗。

CIMG2165_convert_20120623181844.jpg

職場のスタッフからのプレゼント。

『ポーターのポーチ』。

桜島で作業するとき、いつも携帯は車の中に置いたまま。

「急用の時、連絡がつかなくて大変だから、作業の時も携帯はポーチに入れて持っていて下さい。」

・・・ということらしいです。

CIMG2173_convert_20120623181939.jpg

今日、都城から、手伝いに来てくれた、永里 正則 さん。

6月19日が誕生日。

64歳。

みんなで、乾杯!。

「マサ、飲みすぎたらあかんでぇ。」と永里 安則 御大。

いくつになっても、お兄ちゃんなんだなぁ。

CIMG2140_convert_20120623182202.jpg CIMG2158_convert_20120623182230.jpg

すみれじいは、46歳。

みなさん、本当にありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

春には、みんなで、お花見をしましょう。



  1. 2012/06/23(土) 19:25:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:57

台風一過 〜 雨戸はこんな感じで!

今日は、午後から桜島。

台風4号、鹿児島は特に影響なし。

よかったぁ〜。

せっかく雨戸を出したので、クレオソートを塗って防腐処理。

100円ショップの白いレインコート、上から羽織って作業開始。

CIMG2112_convert_20120620210431.jpg CIMG2125_convert_20120620210558.jpg

CIMG2126_convert_20120620210621.jpg CIMG2129_convert_20120620210647.jpg

家の外まわりは、ほぼ完成。

新調した雨戸は、クレオソートでエイジング。

雨戸はこんな感じで!。

CIMG2122_convert_20120620210504.jpg

平成23年5月1日からスタートした、廃屋再生。

201105281242000.jpg 201106251118000.jpg

201106271122000.jpg 201107310939002.jpg

さあ、これから何をしようかなぁ~?。

CIMG2123_convert_20120620210533.jpg

  1. 2012/06/20(水) 21:05:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

枯れ木アート&ミラクルソテツ&溶岩石垣&台風準備

連日の雨。

棟梁 永里 安則 御大、午前7時から作業開始。

すみれじい、午前10時に桜島着。

▽枯れ木アート

玄関正面の枯れたツゲの木。

そのままにしておくと、シロアリの棲家になるとのことで、本日伐採。

家を直撃しないように、ロープをかけて。

CIMG2026_convert_20120617213611.jpg CIMG2028_convert_20120617213640.jpg

永里 御大がチェーンソーで伐採。

廃棄しやすいように、サクサクとぶつ切りにして、枝払い。

CIMG2035_convert_20120617213707.jpg CIMG2037_convert_20120617213743.jpg

何やら、考えがあるらしい。

木の皮を剥がすよう指示。

すみれじいは、訳も分からず、皮剥がし。

CIMG2049_convert_20120617213811.jpg CIMG2060_convert_20120617213838.jpg

「廃屋再生だけじゃ芸がありませんわ。枯れ木も再生せなあかんでしょ。」

「これで、ツゲの木も本望でっしゃろ!。」

おもしろいなぁ。

ベンチに腰かけて、ワンショット。

CIMG2095_convert_20120617214011.jpg CIMG2062_convert_20120617213907.jpg

▽ミラクルソテツ

朝から気になっていたのですが、以前、火山灰の中から掘りおこした『廃屋ソテツ』。

つい先日、6月2日には枯れかけていたのに・・・。

CIMG1745_convert_20120617215019.jpg

「大したもんですなぁ。さすが『廃屋ソテツ』!。」

「ほんまにミラクルですわ!。」と、永里 御大。

CIMG2069_convert_20120617214113.jpg CIMG2070_convert_20120617214145.jpg

そんなはずは・・・。

さては、御大が志布志から持ってきたか?。

「ほんまにミラクルですわ!。」

それ以上は、考えないことにしました。

本日より、名前変更。

『廃屋ソテツ』改め、『ミラクルソテツ』。

CIMG2072_convert_20120617214208.jpg CIMG2075_convert_20120617214246.jpg

▽溶岩石垣

ドッグランを作るための石垣作り。

別の場所にある、すみれじいの畑から、溶岩を搬入。

桜島の溶岩、思った以上に重い!。

明日は、100%筋肉痛か。

CIMG2082_convert_20120617214347.jpg CIMG2087_convert_20120617214417.jpg

溶岩を並べて、土ならし。

やはり、へっぴり腰!。

CIMG2092_convert_20120617214441.jpg CIMG2099_convert_20120617214505.jpg

▽台風準備

作業終了。

台風接近とのこと。

大工職人 本地川 洋一 御大が作ってくれた、特製雨戸。

正面の木の格子には、ミゾが刻んであり、内側に木の板を差し込む構造。

寸分の狂いもなく、ベストフィット。

新しく取り付けた雨戸もOK!。

CIMG2101_convert_20120617214620.jpg CIMG2102_convert_20120617214651.jpg

裏の台風対策も万全。

さすがだなぁ。

CIMG2104_convert_20120617214712.jpg CIMG2110_convert_20120617214737.jpg

今週は、台風接近のため、作業は中止かぁ。

たまには、家のこともしなきゃ・・・。

  1. 2012/06/17(日) 22:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

The Gift 〜 「ありがとうございます」な、一日 〜

▽終日の雨。

棟梁 永里 安則 御大、早朝4時、志布志を出て、午前7時から作業開始。

すみれじいは、午前中、仕事を終わらせ、午後3時、桜島着。

永里 御大。

「これは、『袖垣』と言いますねん。」

「この家を掘り起こした時から、イメージができとりましたんや。」

いきなりで、すみれじいは、ちょっとびっくり!。

すぐに、Yahoo検索、『袖垣』。

「日本家屋で、玄関の脇や周囲などに、目隠しを目的にして作られた垣根。」

「竹が主材料、建物の柱や壁に接して立てられた小振りな塀、和服の袖に似ているためこの名称が付いた。」

CIMG1979_convert_20120616235320.jpg CIMG1981_convert_20120616235358.jpg

御大、今日はちょっと無口。

疲れてるのかなぁ。

黙々と、『袖垣』の据え付け工事。

CIMG1985_convert_20120616235425.jpg CIMG1989_convert_20120616235449.jpg

4時間かけて、やっと完成。

今日、始めての笑顔。

肌の色ツヤ、70才には見えません。

「松山温泉のお湯が美容にええんよ。それに、コラーゲンも毎日飲んどるんよ!。」

さすが、こだわりのポイントがすごい・・・。

CIMG2008_convert_20120616235540.jpg CIMG2007_convert_20120616235513.jpg

「誕生日のプレゼントですわ!。」

▽それから、永里 御大に、いきなりのお願いごと。

すみれじいの愛犬「ハナ」のドッグランを作る計画。

突然の無理難題に、あれこれと、ミーティング・・・。

CIMG2019_convert_20120617000305.jpg CIMG2016_convert_20120617000241.jpg

「桜島の溶岩を使って、やってみましょ。」と御大。

パピヨンなので、30センチくらいの石垣で十分。

CIMG1996_convert_20120617000047.jpg CIMG1999_convert_20120617000118.jpg

永里 御大、敷地内にゴロゴロ転がっている溶岩を、手際よく並べて・・・。

CIMG2002_convert_20120617000144.jpg CIMG2003_convert_20120617000215.jpg

「しばらくは、石垣を作りながら、いろいろ考えましょ・・・。」

「これも、誕生日のプレゼントですわ!。」

▽さて、すみれじいの本日の作業は、内壁の塗装。

新しい杉板の壁に、古民家風の色付けをしていく。

何とも言えない、いい色合い!。

ほんとに、古民家っぽくなってきた。

CIMG2023_convert_20120617000821.jpg CIMG2025_convert_20120617000850.jpg

▽終日の雨。

6月23日、すみれじいの誕生日。

永里さん、覚えていてくれて、ありがとうございます。

素敵な『袖垣』、ありがとうございます。

突然のドッグラン計画、引き受けて下さって、ありがとうございます。

今日は、「ありがとうございます」な、一日でした。


  1. 2012/06/16(土) 23:48:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

厠 : KAWAYA ~ 『 トイレの神様 』

小3の頃からなぜだか、おばあちゃんと暮らしてた。

実家の隣だったけど、おばあちゃんと暮らしてた。

・・・。

トイレには、それはそれはキレイな、女神さまがいるんやで。

だから毎日、キレイにしたら、女神さまみたいに、べっぴんさんになれるんやで。

・・・。

▽棟梁 永里 安則 御大、今朝4時に志布志を出て、朝6時から桜島で作業開始。

いつも以上に、やる気満々!。

朝から『トイレの神様』の同じフレーズを、鼻歌まじりで、何度何度も繰り返していました・・・。

いつも以上に、上機嫌!。

本日の作業は、「厠 かわや(トイレの意)」の設備工事、仕上げ完成。

▽平成23年11月のこと。

すみれじいが、Yahooオークションで落札した、1枚の「古い厠戸」。

古いガラス板戸・洗面 厠戸

これが、トイレ工事の始まり。

棟梁 永里 御大、実は、水道設備のプロフェッショナル。

まず、外トイレの古い外壁をはがし。

201111031404000.jpg

古いコンクリートの便槽を撤去。

201111120705000.jpg

新しいタンクを土に埋めて、汚水の配管準備。

201111120810000.jpg 201111120902000.jpg

そして、トイレの間取りを修正して、基礎の補強・・・。

201111121244000.jpg

途中、家全体の基礎の補強などのため、作業は今日まで中断していました。

▽本日、厠 : KAWAYA 仕上げ完成!。

CIMG1915_convert_20120609181429.jpg CIMG1917_convert_20120609181455.jpg

1.材料と工具の確認

  「準備8割、作業2割、仕事は、家にいる時から始まっているんですわ。」
 
CIMG1924_convert_20120609181518.jpg CIMG1927_convert_20120609181541.jpg

2.寸法はあっているか、「検測」

  「最後は、自分の目を信じなあきません。」

CIMG1928_convert_20120609181604.jpg CIMG1929_convert_20120609181626.jpg
  
3.排水管100径、寸法切り、フランジ取り付け

  「ミリ単位の誤差、自分自身が許されんのですわ。」

CIMG1930_convert_20120609181647.jpg CIMG1937_convert_20120609181848.jpg

4.便器据え付け

  「使う人の目線にならなあきません!。」

CIMG1945_convert_20120609181917.jpg CIMG1946_convert_20120609181945.jpg

5.ロータンク取り付け

CIMG1947_convert_20120609182028.jpg CIMG1951_convert_20120609182111.jpg

6.給水管取り付け

CIMG1953_convert_20120609182142.jpg CIMG1955_convert_20120609182207.jpg

7.洗浄ガン取り付け

CIMG1957_convert_20120609182235.jpg CIMG1958_convert_20120609182301.jpg

8.最終テスト、取り付け完了

  「至福の場所、やっと完成!」

CIMG1960_convert_20120609182325.jpg CIMG1961_convert_20120609182429.jpg

CIMG1962_convert_20120609182452.jpg CIMG1963_convert_20120609182516.jpg

▽水道職人 永里 安則 氏の「厠 かわや(トイレの意)」の設備工事、仕上げ完成。

昨年11月より、半年以上にわたる作業。

本当にお疲れさまでした。

CIMG1964_convert_20120609182622.jpg

今日は、永里さんの「目に入れても痛くないほどかわいい」娘さんが、お父さんの応援に来てくれました。

永里さん、曰く。

「まーちゃんがトイレの神様かもしれへんよ!」

CIMG1971_convert_20120609182648.jpg CIMG1913_convert_20120609181353.jpg

やさしい、お父ちゃんです。

朝から『トイレの神様』の同じフレーズを、鼻歌まじりで、何度何度も繰り返していました・・・。

「トイレには、それはそれはキレイな、女神さまがいるんやで・・・。」

そういうことだったのかぁ。

御大、曰く。

「始めも終わりも、すべてよければ、すべてよし!。」

始終、上機嫌の御大でした。

今日も一日、本当にありがとうございました。



  1. 2012/06/09(土) 19:55:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:56

『すみれカフェ』〜本日限定オープン!

▽午前中、がんばって仕事を終わらせ、午後から、桜島へ。

天気がよく、灰も降らず、作業をするには、もってこいの日。

今日は、裏の勝手口、壁の補修と防腐処理。

長年の雨風と灰にさらされ、もろくなった板壁。

少し、手際よくなりました。

CIMG1815_convert_20120606214112.jpg CIMG1818_convert_20120606214229.jpg

CIMG1820_convert_20120606214255.jpg CIMG1825_convert_20120606214316.jpg

それから、長年降り積もった火山灰の掃除。

ものすごい、灰煙!。

CIMG1828_convert_20120606214339.jpg CIMG1831_convert_20120606214402.jpg

CIMG1833_convert_20120606214424.jpg CIMG1838_convert_20120606214447.jpg

もともと、アルミサッシのガラス戸でした。

201204111631002_convert_20120411220110.jpg

それを、Yahooオークションで落札した「古い木枠のガラス戸」に入れ替えたところ。

クレオソートを塗って、防腐処理。

仕上がりに、しばし、うっとり!。

CIMG1850_convert_20120606214514.jpg

本日の目標達成。

▽『すみれカフェ』、本日限定オープン!。

これは、大工職人 本地川 洋一 氏 が廃屋再生の記念に作ってくれた、作業台。

CIMG1852_convert_20120606213718.jpg

これを使って、インスタント・オープンカフェ。

BGMは、家から持ってきた、超アナログSP(Standard Play)レコード!。

ショパンの「別れの曲」。

78回転、骨董品の蓄音機のゼンマイを巻いて・・・。

CIMG1854_convert_20120606213755.jpg CIMG1895_convert_20120606214030.jpg

コーヒーができるのを待っていると・・・。

通りがかりの中学生が、もの珍しそうに、声をかけてくれました。

「電気は使わないんですか?。」

「エジソンの伝記で見たことがあるような。」などなど。

ヤマト君も、飛び入り参加!。

CIMG1856_convert_20120606213820.jpg CIMG1898_convert_20120606214602.jpg

お気に入りの場所で。

お気に入りのBGMを聴きながら。

お気に入りのカップ(絵 : きはら ごう 氏)で。

ゆっくりと、コーヒーを飲みながら、至福のひと時を、過ごしました。

CIMG1894_convert_20120606214005.jpg CIMG1868_convert_20120606213851.jpg

CIMG1875_convert_20120606213916.jpg CIMG1888_convert_20120606213941.jpg

『すみれカフェ』、本日限定オープン!。

午後6時、閉店。

明日もいいこと、ありますように!。









  1. 2012/06/06(水) 21:52:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

棟梁 永里 安則 氏 登場 ~ 兄弟っていいな! 

▽平成24年6月3日(日)

桜島、今日は、曇り日和。

外回りの作業には、もってこいの日。

永里 御大、70才、朝5時には志布志を出て、7時から桜島で作業。

すみれじい、朝10時に桜島着。

なぜか、神妙な気持ちで、黙々と、庭の草取りをしました。

夕方5時、解散。

来週も、仕事頑張ろう!。

▽平成24年6月2日(土)

桜島は、終日の雨。

久しぶりの、棟梁 永里 安則 御大の登場。

大工職人 本地川 洋一 御大 の仕事を、一つ一つ確認。

「さすがやねぇ。ええ仕事されとりますわ!。」

CIMG1672_convert_20120602234427.jpg CIMG1675_convert_20120602234458.jpg

本日は、勝手口まわりの、雨水の排水路の整備。

「この仕事は、雨が降っている方が、うまくいくんですわ。」

「水の流れは、水が一番よく知っとるんです。」

「水がいろんなこと、教えてくれるんですわ。」

ディスクグラインダーでコンクリートを切断。

CIMG1690_convert_20120602234532.jpg CIMG1694_convert_20120602234558.jpg

途中、雨が強くなり・・・。

そんなのは、お構いなし。

永里 御大、顔じゅう真っ白になりながらも。

CIMG1717_convert_20120602234624.jpg CIMG1720_convert_20120602234651.jpg

▽永里 御大、都城から助っ人を同伴。

永里 棟梁が、一つ一つ、ていねいに、今までの作業を説明。

CIMG1678_convert_20120602235119.jpg CIMG1680_convert_20120602235155.jpg

二人で、協力して、仲良く、楽しそうに作業。

とても「息」が合っている。

CIMG1687_convert_20120602235218.jpg CIMG1718_convert_20120602235436.jpg

永里 正則 氏。

永里 棟梁の実弟。

本職は、高級紳士服のテイラー。

ものは違いますが、この道何十年の職人さん。

かなり、おっとり系。

とっても優しそう。

兄弟で、こんなに違うものか・・・。

そう言われれば、目のあたりがそっくり!。

CIMG1693_convert_20120602235247.jpg CIMG1700_convert_20120602235318.jpg

今朝、永里 御大に誘われて、観光気分で、桜島にきたとのこと。

御大にだまされた感、あり・・・。

ちょっと、休憩。

実兄と違って、髪の毛、フサフサ。

雨の中の作業。

本当にありがとうございました。

CIMG1710_convert_20120602235345.jpg CIMG1712_convert_20120602235409.jpg

最後は、すみれじいと、今後の作業について、打ち合わせ。

CIMG1723_convert_20120603000339.jpg CIMG1727_convert_20120603000409.jpg

CIMG1732_convert_20120603000433.jpg CIMG1735_convert_20120603000457.jpg

▽午後3時過ぎに、帰路につかれました。

二人仲良く、軽トラで100キロの道のり。

車の中で、どんな話しをするのかなぁ?。

「完成したら、ご招待いたしますね。」

CIMG1736_convert_20120603000753.jpg

二人が帰ったあと、仕上がったばかりの縁側に、ぼんやりと座って・・・。

一週間をふり返る。

ひとりっ子のすみれじい。

CIMG1741_convert_20120603000823.jpg

兄弟っていいな!。

  1. 2012/06/03(日) 21:25:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

すみれじいの思い出〜ヒーリングミュージック集「花宇宙」

今日の桜島は、しっとりとした、小雨の一日。

▽時は、1997年。

今から15年前。

あと数年で西暦2000年、世紀のミレニアムを迎えようとしている頃。

すみれじいは、30才。

世の中は、バブル経済が崩壊し、不況の波が、地方へもじわじわと押し寄せている時・・・。

それでもなお、バブルを経験した大人たちは、無我夢中で、かなわぬ夢を追い続けていました。

今と比べて、それなりに夢があった時代。

すみれじいは、本業の技術研鑽のため、週末ごとに、福岡で研修会。

土曜日、仕事を終わらせ、午後から飛行機で福岡へ。

確か、まだ機内は喫煙席が普通で、禁煙席が隅に追いやられていたような。

当時、福岡は、中洲を始めとして、オークラ、リバレイン、スーパーブランドシティ、キャナルシティ・・・。

福岡タワー、ダイエーホークスタウン、福岡ドーム・・・、まだまだ活気に満ちあふれていました。

その中でもお気に入りは、「シーホークホテル&リゾート」。

ラウンジでは、高品位のJAZZライブが、毎晩行われていました!。

福岡を代表するミュージシャン、國友孝治 氏。

キーボード、鍵盤ハーモニカ、アコーディオン、そして人をも自在にあやつる、天才マルチプレイヤー!。

「和 : 思いやり」がある音楽。

自己主張しない自己主張。

優雅さと謙虚さを兼ね備えた音。

音楽好きのすみれじい、、これまでの生涯の中で、最高のミュージシャン。

とっても、かっこよかったなぁー。

國友孝治convert_20120601225740

國友 氏の影響を受け、早速アコーディオンを始めました。

イタリー製「エキセルシャー」アコーディオン購入。

当時の写真。

「形から入って心に至る。」

國友孝治 氏になりきりモードの白黒写真・・・!。(於:山崎撮影事務所)

やはり、ナルシシスティック!。

このパネルは、今もすみれじいのオフィスにかけてあります。

すみれじいconvert_20120601224338

練習もせず、今もって、宝の持ち腐れ!。

その時、國友 氏から頂いた、ヘンリーマンシーニの「ひまわり」の楽譜とカセットテープ、今も大切な宝物です。

持ち腐れであっても、自分にとっては思い出とともに、かけがえのない宝物。

國友 氏のライブが終わってから、飲みに連れて行ってもらったこともありました。

その時にもらったCD、ヒーリングミュージック集「花宇宙」。

Music 國友 孝治、Picture 荒木 幸史、1994年リリース。

花宇宙5

花宇宙1convert_20120601224716 花宇宙2convert_20120601224838

花宇宙3convert_20120601224928 花宇宙4convert_20120601225129

あの頃はよかったなぁー。

当時、すみれじいが勤務していた病院で、このCDを流したところ、患者さんからの問い合わせが殺到。

「痛みがなくなった、夜ぐっすり眠れた、いい夢がみれた」などなど。

さすがに、「宝くじが当たった」はありませんでしたが・・・。

ほんとうに、癒しのエネルギーがあったのかも。

あの頃はよかったなぁー。

時は流れ、「シーホークホテル&リゾート」は、JALホテル、そしてヒルトンへ変わり・・・。

すみれじいも、自営業を開始、以前のように頻繁に福岡へ行くこともなくなり・・・。

この1枚のCDに、すみれじいの思い出がいっぱい詰まっています。

1枚1枚の写真のように。

最近、知ったのですが。

現在、國友孝治 氏は中央区今泉で「ライブ&バー・マスカレード」を経営。

息子であるピアニストの章太郎さんと、精力的に演奏活動を続けておられるとのこと。

鹿児島もライブハウスが少なくなりました。

いつか時間を作って、行ってみよう。

▽廃屋ソテツ、根づくといいな!。

以前紹介した、このソテツ、もともと、火山灰に埋れていたもの。

永里さんが、地面のレベルを1メートル近く掘り下げた際に、偶然見つけました。

201203251115000_convert_20120325190941.jpg

春先までは元気があったのですが・・・。

CIMG1745_convert_20120602222025.jpg

今日は、自宅から、ほこりを被った小道具を持参。

すみれじいの音楽で癒しエネルギー注入。

CIMG1753_convert_20120602222105.jpg CIMG1789_convert_20120602222131.jpg

いつのまにか、近所のおばちゃん達も集まり、廃屋ソテツライブ。

ヘンリーマンシーニの「ひまわり」を弾きながら、当時のことを、いろいろと思い出しました。

廃屋ソテツ、根づくといいな!。

今日は、すみれじいワンマンショー!。

音楽で、自分自身が癒されました。

  1. 2012/06/02(土) 22:30:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10