FC2ブログ

桜島 廃屋再生日記

超ど素人が日曜大工で廃屋を再生できるのか?

永遠のヒロインは『松山 容子』!

▽本日、すみれじいは、仕事のため、桜島の作業はお休み。

永里 安則 御大、志布志から、「こどり」(アシスタントの意)さんを連れて、外周りの作業。

午前6時、桜島着。

ハシゴに登って、雑木の枝払い。

CIMG3077_convert_20121027222115.jpg CIMG3082_convert_20121027222237.jpg

畑で焼却。(地元の消防署には連絡済み!。)

CIMG3089_convert_20121027222304.jpg CIMG3091_convert_20121027222329.jpg

▽桜島百景!

今日の仕事は、こんな感じで・・・。

庭の一角に、残土を盛って、プチ桜島。

何とも、アーティスティックな・・・。

「この辺が南岳、大正の大噴火は、この辺から・・・。」

いつものように、「こどり」さんに、長〜い、うんちくのレクチャー。

CIMG3101_convert_20121027222603.jpg CIMG3096_convert_20121027222444.jpg

▽郵便マーク〒は横線三本引き!

庭に水をまいて、郵便ポストの横で、ワンショット。

「逓信省のマークは、横線が二本。」

「このポストは、横線三本引き!。」

「シャネル:Chanelのニセモノ、チャンネル:Channel、みたいなもんですわ!。」

なるほど・・・?。

CIMG3105_convert_20121027222638.jpg CIMG3093_convert_20121027222410.jpg

▽御大、永遠のヒロインは『松山 容子』!

「昔から、大のファンで、『ボンカレー』しか、食べませんのんや。」

「これ、もろて帰りますわ・・・!。」

CIMG3074_convert_20121027222048.jpg CIMG3048_convert_20121027222011.jpg

何とも、まったりした、秋風の吹く、一日。

以上、棟梁から送られてきた、写真添付メールをまとめてみました。



  1. 2012/10/27(土) 22:14:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:41

『適物適所』〜芝生とカズラ、琺瑯看板と郵便物!

▽本日、棟梁 永里 安則 御大、弟の正則 氏と二人で、家の周りの芝生張り、などなど。

午前6時、桜島着。

昼食抜き、ノンストップで、午後3時まで作業とのこと。

御大曰く。

「今の時期、芝は根付きにくいんですわぁ。」

「でも、だいじょうぶ。愛情たっぷり込めときましたんで!。」

ほんとに、だいじょうぶかな・・・。

CIMG3028_convert_20121013225020.jpg CIMG3030_convert_20121013225116.jpg

家の周りには、カズラの根っこが、まだ、だいぶ残っているとのこと。

御大曰く。

「カズラの根っこ、丹念に掘り起こして、取り除かな、あきません。」

「そやないと、後から後から、根を延ばして、はびこってしまうんです。」

「芝生とカズラ!。人間社会と似てますわ。」

「大事なことが根付かんで、どうでもいいことが蔓延する。」

「丹念に掘り起こして、取り除かな、あきません。」

「時間のかかることですわ。」

秋、なんとも、哲学的な御大です。

CIMG3031_convert_20121013225143.jpg CIMG3032_convert_20121013225212.jpg

▽すみれじいは、御大らと入れ違いで、午後4時に桜島着。

先日、職場に送られてきた、お宝の「琺瑯看板」を持って行きました。

CIMG3027_convert_20121013224951.jpg CIMG3024_convert_20121013224921.jpg

やっぱり、木の板壁にベストマッチ。

しばし、うっとり!。

CIMG3044_convert_20121013225338.jpg

ついでに、ポストの中をチェック。

ヤッター!。

ただの広告チラシ。

でも、やっぱり、うれしい。

CIMG3034_convert_20121013225240.jpg

『適物適所』

芝生は、庭へ。

カズラは、山へ。

琺瑯看板は、すみれじいの廃屋へ。

郵便物は、ポストへ。

人間の勝手な都合かな・・・!。



  1. 2012/10/13(土) 22:16:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:81

琺瑯看板(ホーローカンバン)~本日、番外編!

▽琺瑯看板(ホーローカンバン)。

昭和30年代。

日本で普及した、屋外広告。

テレビなどのマスコミによる広告手段が、一般的ではなかった時代。

その商品のセールスマンが、各地で直接、依頼・設置していたらしい。

琺瑯看板の設置に対する広告料は、現金でなく、現物支給が多かったとのこと。

例えば、大塚食品ならボンカレー3食分など・・・。

小さいころは、普通に、家の壁に打ち付けてあった、懐かしい看板。

『三丁目の夕日』には欠かせない定番の昭和レトログッズ。

なじみの骨董商からゲット。

本日、すみれじいの職場に、宅急便で届きました。

▽もうすぐハロウィン。

仕事が終わり、職場のスタッフに手伝ってもらい、さっそく、お披露目。

嗚呼、なんと懐かしい!。

『オロナミンC』と『マツダランプ』の琺瑯看板(ホーローカンバン)。

「桜島の廃屋に・・・。」

あれこれと、想像しながら・・・。

すみれじい、しばし、うっとり。

CIMG3015_convert_20121011214712.jpg CIMG3022_convert_20121011214756.jpg

本日、番外編!でした。




  1. 2012/10/11(木) 22:17:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

棟梁 永里 安則 御大 の『手なおし』~やっぱり上手い!

▽平成24年9月7日(土)

今日は、永里 御大、弟の永里 正則 氏、兄弟二人で作業。

先日、すみれじいが、設えた、郵便ポストの再固定。

THE『手なおし』!。

前回、すみれじいは、溶岩と粘土で固定。

「こんなんじゃ、あきませんよ。風が吹いただけでも倒れますよ。」

そんなはず、はないんだけど・・・。

まず、コンクリートで基礎を水平に調整。

そして、ポストを設置。

CIMG2958_convert_20121008115653.jpg CIMG2974_convert_20121008115733.jpg

その周りに、適当な大きさの溶岩を積んでいく。

「溶岩の置き方には、センスがいるんですわぁ!。」

兄弟で、あれこれと談義。

そして、ポストと溶岩のすき間に、モルタルを流し込み、ポストの下部を固定。

CIMG2976_convert_20121008120028.jpg CIMG2978_convert_20121008120059.jpg

溶岩の周りの土をならして、芝生を張って、完成。

「これなら、最大風速90メートルの台風がきても大丈夫!。」

「これなら、震度6の地震がきても大丈夫!。」

(そのレベルの災害が起きたら、家の方は大丈夫かな?。)

大満足の御大。

CIMG2987_convert_20121008120130.jpg CIMG2991_convert_20121008120439.jpg

棟梁 永里 安則 御大 の『手なおし』。

基礎もしっかりして、周りに芝生を張るところなど・・・。

年期が入ってるな。

THE『手なおし』!。

やっぱり上手い!。

▽屋根を覆う、大きなクスノキの剪定。

生け垣の剪定と違って、かなり大がかり。

命綱のロープで、木に体をくくりつけ。

鉄製の大脚立に登って、剪定。

CIMG2992_convert_20121008120602.jpg CIMG2996_convert_20121008120645.jpg

伐採した大枝は、隣の畑に運んで、乾燥、焼却。

これもまた、膨大な量。

CIMG3005_convert_20121008120747.jpg CIMG3007_convert_20121008120822.jpg

本当にお疲れさまでした。

本日、すみれじいは、久しぶりの『家族孝行』。

早朝、5時起きで、熊本の三井グリーンランドから福岡のキャナルシティまで。

天候もよく、しのぎやすい「秋日和」。

運転、疲れました。

以上、棟梁から送られてきた、写真添付メールをまとめてみました。

  1. 2012/10/08(月) 12:12:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

「赤い郵便ポスト」は昭和の匂ひ!

▽今日は、午前中、仕事を終わらせ、猛ダッシュで桜島へ。

すみれじいが、待ちに待った、「赤い郵便ポスト」が到着。

小さい頃は、よく見かけた、赤くて丸い郵便ポスト。

本物の鉄製ポストは、重さが500キロ近くあり、輸送の問題で、泣く泣く、設置を断念。

「赤い郵便ポスト」の幻想を断ち切れない、すみれじい。

FRP(繊維強化プラスチック)で、原寸大のポストのレプリカを、特別オーダー。

厳重に梱包され、本日、無事、すみれじいのもとに届きました。

興奮を抑えながら、震える手で、開封。

CIMG2916_convert_20121003214734.jpg CIMG2921_convert_20121003214823.jpg

「赤い郵便ポスト」と感動の対面!。

すみれじい、満面の笑み・・・。

CIMG2923_convert_20121003214859.jpg CIMG2925_convert_20121003214932.jpg

さっそく、中を覗き込んだり、カギを開け閉めしたり・・・。

CIMG2929_convert_20121003215000.jpg CIMG2930_convert_20121003215024.jpg

すみれじい、完成度の高さに、しばし、うっとり!。

CIMG2931_convert_20121003215048.jpg CIMG2933_convert_20121003215113.jpg

永里 御大 が打ってくれた基礎の上に、ポストを設置。

溶岩と粘土で固定。

CIMG2938_convert_20121003215138.jpg CIMG2939_convert_20121003215205.jpg

CIMG2941_convert_20121003215233.jpg CIMG2942_convert_20121003215314.jpg

▽「赤い郵便ポスト」は昭和の匂ひ!。

『三丁目の夕日 桜島バージョン』

CIMG2945_convert_20121003215350.jpg CIMG2949_convert_20121003215417.jpg

昨年5月、周囲に反対されながら、はじめた廃屋再生。

棟梁 永里 安則 御大 をはじめ、たくさんの人たちのおかげさま。

少しずつ、『さま』になってきました。






  1. 2012/10/03(水) 22:01:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:37